「次亜塩素酸水溶液」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」の違い

「次亜塩素酸水溶液」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液(次亜塩素酸ナトリウム液)」は同じものだと思っていませんか?
実はこの2つ、名前は似ていますが全く別のモノです。
混同してしまうと思わぬトラブルを招くので、しっかりと理解を深めましょう。

今回は「次亜塩素酸水溶液」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」の違いについて解説します。

そもそも「次亜塩素酸」と「次亜塩素酸ナトリウム」は違う化合物です!

次亜塩素酸水溶液の特性

「次亜塩素酸水溶液」とは、「次亜塩素酸」を含んだ水溶液のことです。
次亜塩素酸は化学式で表すとHClOまたはHOClであり、分子の状態で水溶液中に存在するのが特徴です。
次亜塩素酸水溶液に含まれる次亜塩素酸は、有効塩素成分の塩素ガス、次亜塩素酸イオン(次亜塩素酸ナトリウム)、次亜塩素酸の中で最も殺菌力が強いことがわかっています。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液の特性

「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」とは、次亜塩素酸イオンを多く含んだ水溶液のことです。
液性は強いアルカリ性を示し安定性は高いのですが主成分が次亜塩素酸イオンですので殺菌効果を求めるのであれば濃度を高くする必要があります。
次亜塩素酸ナトリウム水溶液は化学式で表すとはNaClOまたはNaOClで次亜塩素酸ソーダと呼ばれることもあります。
家庭では主に塩素系漂白剤や殺菌剤などに使用されているので馴染みが深いと思います。
容器販売などを行うにあたって、長期安定性が必要となります。それを達成するために強アルカリ性にします。
しかし、アルカリ性にすることによって効果が落ちます。そのため高濃度にしないといけないという宿命を持った薬品と考えられます。

次亜塩素酸水溶液と次亜塩素酸ナトリウムの注意点

次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムに共通する点は、どちらも中性から離れれば離れるほど人体に危険なものになっていくという特性を持っていることです。

酸性の場合

酸性の度合いが強くなると金属腐食を起こす場合があります。
また、次亜塩素酸は酸性の度合いが強くなるほど有毒な塩素ガスの含有率が高くなり塩素ガスが溶液から発生する場合があり非常に危険です。
よく「混ぜるな危険」と表示されている塩素系消毒剤や漂白剤は酸性洗剤と混ぜた際に酸性となり有毒な塩素ガスを発生することから注意が必要であると訴えているのです。

アルカリ性の場合

強アルカリ性の液体には皮膚のタンパク質などを溶かしてしまう性質があります。
素肌に塩素系漂白剤が付いた際にヌルヌルした経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。これはアルカリ成分が水酸化ナトリウムであり皮膚のタンパク質を溶かしているためです。
また、この際の主成分は次亜塩素酸イオンであり上記次亜塩素酸ナトリウム水溶液とみなすことができます。
逆にこのアルカリ成分によって汚れを落とす効果も期待できるため汚れ落としには効果が期待できるとも言えます。

次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムの取り扱う際には

次亜塩素酸ナトリウム水溶液を弱アルカリ性などにしたいとき、酸性の薬品を混ぜてはいけません。
有毒な塩素ガスが発生して、事故に至る危険性があります。そのため、弱アルカリ性にしたいときは水を混ぜて薄めましょう。

次亜塩素酸水溶液と次亜塩素酸ナトリウムは結局どう使い分けたらいいの?

次亜塩素酸水溶液

次亜塩素酸水溶液は有効成分である次亜塩素酸を高い割合で含むため低濃度で使用できるメリットがあります。
その為、毒性も低くなり、衣類の消臭やペット用品のケアなど広い用途で使用できます。ただし弱酸性、中性、強酸性など様々な種類がありますのでそれらの特徴をよく確認しお使いいただくようにして下さい。

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは昔からある塩素系漂白・消毒剤です。
使用方法は、原液を用途に合わせて希釈しお使いいただくのですが原液の濃度が高く、またアルカリ成分も含んでいるため手袋やマスクが必要になります。
有効成分も時間の経過とともに減少する為保管方法や温度管理が必要になります。
用途としては、様々な消毒作業(汚物洗浄、器具消毒など)がメインとなり人や動物などに直接使うことはありません。
また酸性洗浄剤などと混ぜると危険な塩素ガスが発生しますので取扱いには注意が必要になります。

次亜塩素酸水溶液、次亜塩素酸ナトリウム水溶液、アルコールの特徴比較表

上記で解説した「次亜塩素酸水溶液」「次亜塩素酸ナトリウム」と「アルコール」の特徴を表にまとめました。
それぞれの違いをしっかり把握して、うまく活用していきましょう。

次亜塩素酸水溶液 次亜塩素酸ナトリウム水溶液 アルコール
除菌・消臭力
菌・ウイルスによっては次亜塩素酸ナトリウムの80~100倍の効果が確認されている。
ノロウイルス、インフルエンザウイルス、コロナウイルス、肝炎ウイルスにも効果有り。
メーカーが推奨する取扱い方法に従えば効果は十分あるが濃度が高くなる傾向となる。 ノロウイルス、一部肝炎ウイルスに対する効果が弱い。
コロナウイルスは、アルコール70%以上のものが効果有り。
安全性
低濃度で効果がある為安全性は高い。食器、おもちゃなどに使用できる。 害がある成分なので、使用には注意が必要。 刺激があり手が荒れる。
アレルギーの危険も。
残留性
使用後は非常に薄い食塩水になる為、塩素の残留性は低い。 塩素成分、アルカリ成分とも残留する傾向にある。しっかりと洗い流す必要がある。 揮発するので残留しない。
臭い
かすかな塩素臭 高濃度で使用する為塩素臭は強い。換気が必要な場合もある。 強いアルコール臭がする。
可燃性
燃えないので、火器が近くにあっても安心。 燃えやすいので、火器の近くでは使えない。
注意事項
  • なるべく早く使い切る
  • 商品によっては希釈が必要
  • 遮光容器で保管する必要あり
  • 原料に希塩酸を使用
  • 危険な薬剤を混合して生成する物もあり
有毒ガスが発生するため、手袋やゴーグルの使用、十分な換気とすすぎが必要。
噴霧による危険性が問題となっている。
濃度が下がると効果が極端に下がる。

引用:

  • 強電解水企業協議会編 「強酸性電解水使用マニュアル2002」
  • 強電解水企業協議会編 「微酸性電解水使用マニュアル2002」
  • 機能水研究振興財団発行 「次亜塩素酸水生成装置に関する指針 第2版・追補」